バスの運賃を用意してますか?

c0244650_23185570.jpg

市バスに乗っていて思うこと。

京都の市バスは後ろから乗り、自分が降りる停留所の表示が出たりアナウンスが流れたくらいにブザーを鳴らして知らせます。
運賃はお釣りが出ないので前もって両替機で両替するか、回数券やカードをタイミングをみて運転手さんから購入します。

バスの中にも、そんな案内が貼り出してあったり、アナウンスも流れているのですが…

毎回1人や2人は降りる時点で両替したりカードを買われる方を見掛けます。
そうすると停車時間が必要以上にかかります。

お年寄りやお身体の不自由な方など、バスが動いている時は危ないからという理由なら分かりますが、そうでない限り降りる時はスムーズにしたいものです。(乗る時も前なり後ろなり、少し詰めて入口をあけてあげて欲しいものです)

今朝乗ったバスの運転手さんはとても気持ちよく降りられるお客さんに挨拶されてました。
「おはようございます。」
「いってらっしゃい。」
「お気をつけて、」
「有難うございます。」

そして、今日も降りる時に両替をする人がいて運転手さんが…
「先に両替しとこうか。」
「混んでる時は協力してね~!」
と、声を掛けられてました。

運転手さんが降りる人を確認しドアが閉まってから「おりま~す。」の声。
「降りる時は前に来といてね~」と運転手さん。

なんだかなぁ…
運転手さんも大変だ。

きっと、こんな準備が出来ない人は整理整頓も苦手なんだろうなぁ…って気がします。

秋の行楽シーズンです。
お互い気持ちよく過ごしましょうね060.gif
[PR]
by sobakasu-no14 | 2013-10-13 21:51
<< 押入れのリフォーム 阿吽の双龍図 >>