この木、なんの木?

こんにちは♪
 ⁺⋆₊+⁺☆⋆穏やかに暮らす⋆☆⁺+₊⋆⁺
   整理おかたづけ⁺yuka₊です


大工さんがカフェテーブルを頼まれたので、ソファの色に合わせて
ナチュラルな色を選んだ。
c0244650_14121389.png

どうも、クスノキらしく父に聞いてみた。

「この木、なんの木なん?」

父はおもむろに顔を近づけ

「クスノキの匂いしとるわ。」

「どんな匂い?」

「ショウノウの匂い。」

「・・・よくわからん;」
c0244650_14425986.jpg
後日、裏の工場で木を削るスゴイ機械の音。
私にもこの音が堅い木を削る音というのはわかった。

「あっ、クスノキ!」

見に行けば、やはりあのクスノキがテーブルのカタチに近づいていた。
そして、ショウノウの香りが立ち込めていた。

「ほんまや!」

クスノキは“楠”と書くが、元々は“樟”らしい。漢字が輸入される際に取り違えられたようです。
なので、クスノキで作られたショウノウは“樟脳”と書くんですね。

化学合成と違って、爽やかな香りです。
木くずを袋に入れたら匂い袋になるかな。箪笥に忍ばせて置くと虫よけに良いですね。

永年、木材を触っている父の得意は木を見分けること。
木があれば、なんの木か確かめている顔はどこか自慢げ。

ここに“匠”がいた。


 ホームページ《Y’s SWEET HOME》
[PR]
by sobakasu-no14 | 2012-07-03 14:58 | Interior
<< 大正浪漫の印版皿 「割れ窓理論」って、ご存知ですか? >>