「割れ窓理論」って、ご存知ですか?

こんにちは♪
 ⁺⋆₊+⁺☆⋆穏やかに暮らす⋆☆⁺+₊⋆⁺
   整理おかたづけ⁺yuka₊です


割れ窓理論(われまどりろん、英: Broken Windows Theory)とは、軽微な犯罪も徹底的に取り締まることで凶悪犯罪を含めた犯罪を抑止できるとする環境犯罪学上の理論。アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した。「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方からこの名がある。ブロークン・ウィンドウ理論、破れ窓理論、壊れ窓理論ともいう。wikipediaより


昨日は大阪でセイフティライフアドバイザーの認定講座を受けてきました。要するに、“防犯”のお勉強です。

皆さんも何か事件が起こったりすれば、その時は怖いし気をつけなぁ~と思うのですが、実際はまだまだ認識が甘いんじゃありませんか?
日本は、自販機が沢山あるという事でも象徴されてるように安全な国とされてます。
しかし、これは犯罪者から見れば‘宝の山’なんだとか。
たった5分ほどで何千円でも稼げれば、時給にしたら大きいですよね?

日本でも落書きや不法投棄の問題は深刻です。これは、文頭に挙げた理論の通りなんです。
駅付近に違法駐輪されている自転車やバイク。そのカゴの中に空き缶が1個捨てられると、どんどんゴミが入れられていくんです。1人がすれば、みんなに広がる。

落書きをされ困った商店街の方々が、それを決して許さず書かれても書かれても消していくという大変な作業をされた結果、落書きが減ったというのを聴いたことがあります。やはり野放しにしない事なんですね。

町を綺麗に、安全な暮らしをする為には地域ぐるみで取りかからないといけないと思います。ご近所さんとの声掛け、連携は大切なことなんです。

そして何より、まず自分でできること。それは、《整理収納》です。
家の中も大事です。と、同様、家の回りにも眼を向けて下さい。

あなたのお家の外にモノが溢れていませんか??


ご自身の安心の為に、大切な家族の為に、犯罪からも守っていける整理をお伝えしていきます。

1人がすれば、みんなに広がる。
ポジティブなことは、世界に伝染して欲しいですね♪


c0244650_11301761.png
                             防犯チェックの町歩き



 ホームページ《Y’s SWEET HOME》
[PR]
by sobakasu-no14 | 2012-06-24 11:57 | 心帰りたくなるおうち
<< この木、なんの木? 季節の台所“空まめ” >>