どんな暮らしがしたいですか?

こんにちは♪
整理おかたづけの⁺yuka₊です。



前回の続き・・・きっずおかたづけ

なぜ、子ども達に“おかたづけ”を教えたいのか?

勿論、片づけられる大人になって欲しい。
ですが!その先にあるモノは何か?

“幸せ” です。

わたしが子育てから手が離れ思うこと。
お母さんのストレスのやり場が子ども達に向いている。お父さんもです。

見ていて、自分もそうやったな…と、思います。
決して虐待まではいかなくても、ストレスの はけ口になってることありませんか?

核家族が殆んどのいま、片親が増えているいま、子どもの逃げ場はありません。
うちは実家が直ぐなので安心して叱れた方です。手をあげた事もありますよ。
要領の良い次男坊は表で立ってなさいと言われ、5分といません。(予想通り)
で、また怒られる訳ですが上手くかわしてくるんですね~
しかし、真面目な長男はお許しが出るまで じっと待ちます。(これまた、何でやねんと思うんですが;)

子どもは、お母さんにとても気を使ってます。
お母さんに注目されたいんです。みなさんも、そうじゃなかったですか?
NHKの朝ドラ、カーネーションを観て確信しました。
三人姉妹の末っ子がテニスで活躍しても、母親に見向きもされずに学生時代を過ごした。
そして進路は、母親・姉2人と同じデザイナーの道を選ぶ。

子どもは、お母さんに見てて欲しいんです。
子どもは、お母さんに褒めて欲しいんです。


褒められる子は伸びます。

「片づけなさい!!」 って怒るより、

「よく片づけられたね。」 って褒めてあげたいですよね。

怒ってしまって、後で悔やんだり悲しい気持ちにならないでほしい。

福沢諭吉の『教育論』の中でも「生活習慣の形成が人間形成の要だ」と述べられてます。

なので、なるべく早い方が良いのです。
お母さんも楽だし、子どももお片づけを覚えると勉強もできると言われてます。

勿論、遅すぎる事はありません。
やる気さえあれば、誰だって生活は変えられます。

『不都合を感じたら、物事を考えるキッカケ』だと思って下さい。

長々と書きましたが、読んで下さって有難うございます。040.gif


 ホームページ《Y’s SWEET HOME》
[PR]
by sobakasu-no14 | 2012-05-21 18:16 | 心帰りたくなるおうち
<< ミドリヲメデルニチジョウ お祭り気分 >>